家づくりの工法

これからは国が推奨する、長く住み続けられる快適な住まい。

日本と外国の住宅平均寿命の比較

長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり良好な状態で使用することで、住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、 環境への負担を低減し、建て替えにかかる費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

三谷不動産の家は、長期優良住宅に対応いたします。

長期優良住宅に対応するプレウォール工法

三谷不動産のプレウォール工法なら標準で長期優良住宅認定に対応しています。

長期優良住宅認定基準イメージ図
性能項目 認定の基準(概要) 住宅性能表示の使用有無 プレウォール工法
劣化対策 数世代に渡り長く住むことが可能な家であること。 劣化対策等級3
床下・小屋根裏点検口
標準で対応
耐震性 地震に強い家であること 等級2以上 標準で対応
維持管理・更新の容易性 メンテナンスが容易であること 等級3 標準で対応
省エネルギー性 省エネに配慮した家であること 等級4
(次世代省エネ基準)
標準で対応
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における
居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること
標準で対応
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な
基準規模を有すること
標準で対応
維持保全計画 建築と来から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に
関する計画が策定されていること
標準で対応
可変性 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が
可能な措置が講じられること(共同住宅)
バリアフリー性 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に
必要なスペースが確保されていること(共同住宅)

長期優良住宅の住宅ローン控除(住宅ローン減税)の概要

入居年 平成26年3月31日まで 平成26年4月1日〜平成29年12月31日
住宅の種別 一般の住宅 長期優良住宅 一般の住宅 長期優良住宅
控除対象借入限度額 2,000万円 3,000万円 4,000万円 5,000万円
控除期間 10年間 10年間 10年間 10年間
控除率 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
最大控除額
(年間控除額)
200万円(20万円) 300万円(30万円) 400万円(40万円) 500万円(50万円)
住民税からの免除上限額 9.75万円 9.75万円 13.65万円 13.65万円

※消費税率改訂が行われた場合。

公的機関が認めた品質「プレウォール工法」

福井の銀行、住宅ローン返済シュミレーション NEW HOUSE
三谷不動産の宅地分譲
三谷不動産の分譲住宅