売りたい・貸したい

売却までの流れ

不動産のことは三谷不動産にお任せください。

不動産の売買は一般的に高額な取引となります。大切な資産を購入する上で、不動産購入の流れをきちんと理解することが大切です。売却の際の一般的な流れをご紹介します。

step1

売却のご相談

不動産の売却を考え始めたら、まずは不動産会社にお客様のご要望やお悩みを相談しましょう。

当社では、経験豊富な専門スタッフがお客様の売却希望条件や売却希望時期を考慮した上で、ご希望に沿った売却プランをご提案いたします。
step2

物件の調査・査定

売却の御相談から、査定の御依頼を頂きますと、物件の調査・査定を行います。ご所有不動産の相場や、客観的な諸条件を把握することで、その後の売却をスムーズに進めるための一助ともなります。

もちろん当社では、調査・査定は無料です。
step3

媒介契約の締結

売却を正式に依頼する場合、お客様【売主様】と不動産会社との間で媒介契約を締結することになります。媒介契約とは仲介会社に手持ち物件の売却や希望物件の購入を依頼するなど、媒介を依頼した場合に結ぶ契約のことで、不動産業者は依頼者に対して、物件の所在地や種別、取引価格、媒介契約の種別、媒介契約の有効期間、報酬金額などを明記した書面を交付する義務があります。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、売主が選択することができます。
当社では、売却依頼の契約について、その種類と違いを詳しくご説明します。
説明をお聞きいただきました上で、売主様に媒介契約の種類をご選択いただきます。

step4

売却物件の販売活動

依頼された物件を早期に売却するため、不動産会社は新聞広告やインターネットなどの広告媒体を通じて、販売活動を行います。 当社へ売却をご依頼いただいた場合、当社へ登録している物件紹介を希望しているお客様へ紹介させていただくほか、ご覧いただいているホームページや新聞広告、不動産流通機構(レインズ)や不動産ポータルサイトなどに物件情報を掲載し、広い範囲から購入希望者を探すことができます。

step5

不動産売買契約の締結

購入希望者から提出された購入申込書を受け、具体的な契約価格や支払い方法、引渡し時期や付帯設備等の引渡し条件など、売買契約に関連した様々な条件の調整を行います。すべての条件がまとまったら、いよいよ売買契約締結へと進みますが、売買契約に先立ち重要事項説明書に間違いがないかご確認いただき、重要事項説明書を買主に説明のうえ、売買契約締結となります。
不動産売買契約は売買契約書に売主・買主が署名・捺印し、手付金を授受されることで締結されます。売買契約書は権利や義務が記されていて、契約後にその約束に反することがあると、違約金が発生するケースも考えられますので、疑問点などは契約前に不動産会社にしっかりと確認しておきましょう。
当社では、専門スタッフが取引条件や建物条件等の重要事項説明を行います。十分にご理解、ご納得いただいた上で、売買契約の内容をご確認いただき、契約書に署名と捺印を頂きます。

step6

残代金の決済・物件の引渡し

売買契約が済んだあとは、決められた日時迄に引渡しを行えるよう準備を進めます。
買主より残代金を受取り、登記手続きを行ったうえで、物件の引渡しを行いますが、登記の手続き・金融機関の営業時間の関係などから一般的には平日の日中に本人立会のうえ行うこととなります。 残代金の受領と物件の引渡しは原則的に同時に行なうため、引越しやガス・水道会社への連絡、隣地との境界確認などは事前に済ませておく必要があります。 当社の営業マンが立会い、売買契約書に基づいた引渡しができるようアドバイスいたします。この際、物件の引渡しと同時に、買主様から残代金を受領することになります。

お電話でも承っております。お気軽にご連絡ください。TEL0776-23-2300
メールフォームからのお問い合わせ・ご相談
  • 売買・建築についてのお問い合わせ07776-23-2300
  • お部屋探しは0776-23-2313
  • 設備故障・更新・解約お問い合わせ0776-23-2380
  • メールフォームからのお問い合わせ・ご相談
  • 売却をご検討の方
  • 希望物件探します
  • 物件の退去手続き

あなたが最近見た物件